ニキビについて勉強しましょう

ニキビは正式には「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」という病名がついているもので、思春期ころから発生しやすくなるもの。ほとんどの人が、ニキビができた体験を持つはずです。見た目を悪くするだけでなく、その痛みも嫌なものですよね。

このニキビ、もっとも多く発症するのは、やはり10代の思春期以降といわれています。以降、20代くらいまでは男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量も多く、どうしても皮膚がニキビのできやすい環境になってしまうので、多くの方が悩まされるわけです。

とはいえ通常は成人を過ぎたころから徐々に減少し、30代をすぎてくるとあまりできなくなるものなのですが、最近では「大人ニキビ」といわれる、30代以上の方にもできるニキビが増えてきています。特に背中にきびやフェイシャルにきびが気になりますよね。

これはメイクや現代人を悩ます原因のひとつ「ストレス」が大きく関わっているとも。不規則な生活なども原因となりますので、ニキビに悩まれている方は、できるだけストレスをこまめに発散し、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

健康なお肌を育てるには、第一に保湿ケアです。化粧水は、とにかくたっぷり過ぎるくらいの量を、しっかりとお肌に吸収させることが美容ではもっともたいせつといえます。化粧水は1回や2回手に取ってなじませるだけでは足りないことが多く、3回も4回も重ねてしみこませる必要があります。ただ、何度も化粧水を塗りこむのが面倒だという場合には、ローションパックを行うと◎。これならほかのことをしながら保湿ができるので、時間のない主婦でも簡単に肌ケアができるのではないでしょうか。朝晩のどちらかだけでも、パックできれば、かなりお肌の調子は変わってくると思いますよ。もちろん毎日できなくても、できるだけ行う努力は肝心です。お肌のトラブルに悩まれている方の多くは保湿がうまくできていないのが原因であることも少なくありません。自分ではじゅうぶんに保湿を行っているつもりでも、肌トラブルの絶えない方はもう一度、本当に保湿ケアがしっかりとできているかどうか確認してみましょう。まずは継続、これがたいせつです。

 

 

 

<特別広告>
|群馬県の司法書士事務所なら|都内のエナジーテラピーはfeela|スマホアフィリエイト|webマーケティングの経営相談|SEOアクセスアップ相互リンク集|超SEO対策|サプリメントの選び方|ショッピングカート|自動相互リンク集GF|童話の世界|オーディオ|PageRankExpolreオ|MY2-Link|

コメントを残す