目元を美しくする

日本人は西洋人のようにパッチリとした目ではなく、どちらかというと腫れぼったく切れ長の目が特徴です。もちろん最近ではパッチリした二重の目元をお持ちの方も増えていますが、基本的には腫れぼったい切れ長の目から進化しているわけですから、やはり西洋人のそれに比較すると目の小さい印象は否めません。もちろん、顔の彫りの深さも目の大きさには影響しています。

それだけに、多くの女性はよりパッチリとした大きな瞳を演出するためにアイメイクに精を出すわけですが、いくらアイシャドウを工夫しても、マスカラをつけても目元が地味に見えるのは、乾燥や疲れでシワやクマができているからではないでしょうか。

そんな目元を華やかにするには、ちょっとしたエクササイズが効果的です。

たとえば腫れぼったい眼を改善するには、こんなエクササイズを。

軽く口を開け、そのまままずはゆっくりと目を閉じ、それからかたく閉じます。そのままより一層力を入れて、目を絞り込むようにかたく閉じます。この状態で5秒キープ。ゆっくり目を緩め、いつもの自然の表情に戻しましょう。これを3回繰り返します。

目の疲れが軽減されますので、目元も元気になりますよ。主人が薄毛治療を受けている美容皮膚科でたるみの治療も受けてみようかと検討中です。

 

コメントを残す